副業プラザ

2020/01/09

未分類

【2020年】webライターの始め方3ステップ!初心者・未経験でもできる

ライター紹介

副業の中でも特に人気なのが、webライター! しかし、ライター未経験だと、 ・「未経験でもできるの?」 ・「どうやって仕事を受けるの?」 ・「月にどれくらい稼げる?」 など、webライターに対する疑問がありますよね。 そこで、今回は副業ライター経験者が、webライターになる方法をまとめました!

副業でwebライターを始める人は多い

副業の中でも特に人気なのが、webライター。 SNSを見ると、未経験でライターを初めて、副業にしている人が多いです。 副業でライターを始めるメリットを見てみましょう!

副業初心者にwebライターをするメリット3つ

副業でライターを始めるメリットは3つあります。

メリット1.未経験でもできる

特別な資格やスキルは必要なく、誰でも始めることができます。 文章を書くことが得意ではない人でも、一般的な日本語の文章がかければOK! 未経験・初心者でもすぐに始められる、おすすめの副業です!

メリット2.匿名で活動できる

周囲に副業がバレたくない人にも、ライターがおすすめです。 特に会社員は、会社にバレたくない・周囲の人に知られたくない事情もあります。 ライターなら本名を記載しなくても、ライターネームとして匿名で活動可能! ひっそりと副業を始めたい人にも向いています◎

メリット3.ライティングのスキルが身に付く

ライターの仕事をすることで、ライティング能力が身につきます。 これからweb上で仕事をする上で、ライティング力は重要! ライターの仕事が継続的に入るようになると、フリーランスや転職のきっかけにもなります!

副業でwebライターをするデメリット2つ

では、メリットだけではなくデメリットもあります。 ライターを始める前に知っておきたいデメリット2つです。

デメリット1.初心者は単価が安い

ライターの報酬は、主に1文字あたりの単価で決まります。 未経験者だと、1文字0.5円〜2円が相場です。 しかし、文字単価0.5円以下など、低単価すぎる案件には注意してください。 実績がないと、文字単価が低い案件を受けてしまうことが多く、時給に換算すると稼ぎにくいデメリットがあります。

デメリット2.稼げるまでに時間がかかる

ライターは基本的に、文字や記事の単価が上がると報酬が上がります。 単価を上げるためには、実績が必要です。 そのため、初月から月5万円以上を目指すなら、作業時間を多く取らないと行けません。 実績をつけていくと、単価の高い案件を受けられたり、交渉がスムーズにできるようになります! ライターは短期間で稼ぐ目的より、長期的に副業を続けたい人におすすめです◎

副業でライターを始める3ステップ

では、未経験でライターを始めるための手順をみていきましょう!

1.ライティングをしてみる

ライターとして仕事を受ける前に、まずはweb上で文章を書いてみます。 まずは短文のライティングから始めて、ネットで文章を書くことに慣れていきましょう◎ 自分のブログを作ってみたり、ネットで口コミを書いてみるだけでもOK! また、書くだけではなく、ネット記事の書き方を見て学ぶのもおすすめです。

2.ライターの仕事を探す

ライティングに慣れてきたら、次はライターの仕事を探してみましょう! 未経験のライターが仕事を受ける方法は、大きく分けて3種類あります。
①クラウドソーシングで仕事を見つける ②webメディアのライター募集に応募する ③知り合いに紹介してもらう
まだライターとして仕事をしたことがないのなら、クラウドソーシングに登録するのがおすすめです。 クラウドソーシングなら未経験者OKの案件も多いので、最初の仕事を受けやすくなります。 まずは、クラウドソーシングで数件の実績を作りましょう。 実績を作ってから、好きなwebメディアのライターに応募したり、知り合いに紹介してもらうのが確実です! この手順だと、条件の良い仕事を受けられる可能性があります。 「この記事を書きました」「このジャンルが書けます」というのが明確になると、どんどん仕事を受けやすくなるでしょう◎

おすすめのクラウドソーシング

クラウドソーシングは、仕事を発注したい企業や個人と、仕事を探している人がマッチングする仕事形態です。 専門的な知識が必要な案件まで幅広いので、自分のレベルに合わせて仕事を探せるのが魅力! 在宅で副業したい主婦やサラリーマンや、フリーランスでしっかり稼ぎたい人に人気があります◎ クラウドソーシングサイトのおすすめサイト3選はこちら!
アプリ 人気度 特徴
クラウドワークス アイコン クラウドワークス ★★★★★ 上場企業が運営! 案件のジャンルが豊富
ランサーズ アイコン ランサーズ ★★★★☆ 常時210万件の案件 初心者におすすめ◎
サグーワークス アイコン サグーワークス ★★★☆☆ ライティング特化 ライター向け案件

1位iconクラウドワークス

クラウドワークス アイキャッチ
運営会社 株式会社クラウドワークス
月収目安 月収1〜20万円
クライアント数 25万社
登録者数 208万人
仕事カテゴリー 277
クラウドソーシングのおすすめ第1位は、クラウドワークス! クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングです。 5分でできるアンケートやライティング、校正、youtube動画のシナリオなど、未経験でも挑戦できる案件が豊富! まずは簡単な案件から始めて、スキルアップして高額案件をゲットしましょう◎
未経験者におすすめの案件
特におすすめなのは、高単価の口コミレビューや短文ライティング! 慣れてきたら、効率良く稼げる単価の高い案件を探してみましょう。
クラウドワークスの案件例
クラウドワークス案件例
1.結婚写真・フォトウェディング・挙式前撮り・マタニティフォトの体験談投稿…250文字 700円
2.LINEの会話風ストーリーの作成…1本/1500円
クラウドワークスのおすすめポイント3つ
1.初心者向け案件が豊富 2.府省や大手企業の案件もある◎ 3.電話サポートあり!
クラウドワークスの口コミ・評判

3.継続的にライターの仕事を続ける

ライターとしての仕事を1つしたら、次は継続的な仕事を見つけます。 クラウドソーシングで長期の契約が見込める仕事を探してみてくださいね。 webメディアのライターへの応募は、基本的に定期的に記事をあげられるライターのみの募集です。 興味のあるメディアがあれば、積極的に応募してみましょう。 継続的にライターの仕事をすることで、副業ライターとして活躍できます◎

副業のwebライターで稼げる方法

ライター初心者だと、相場や単価交渉など、お金に関する疑問も多いですよね。 未経験から報酬UPするための方法を紹介します。

初心者ライターは1文字1円が相場

未経験のライターは単価が安く、稼ぎにくいのが事実です。 クラウドソーシングの案件では、初心者向けだと1文字0.5円〜1.5円が多くなっています。 1文字2円以上だと、実績のあるライターが多数応募するので、仕事を獲得しにくいもの…。 まずは1文字1円の仕事に応募して、実績と評価を貯めていくのが正攻法です。

単価を上げる交渉術

しかし、せっかくライターとして仕事をするなら、早く稼げるようになりたいですよね。 単価を上げる方法は、3つあります。
①クラウドソーシングのプロフィールを充実させる
②記事10本以上書いたら単価交渉する
③最初から単価の高い案件を受ける
クラウドワークスやランサーズで案件を受けるなら、プロフィールを充実させましょう! 自分のスキルや経験をしっかりアピールすると、クライアントから提案がくる可能性が上昇! また、案件に応募する際に提案文をしっかり書くと、採用率が上がります◎

フリーランスのライターになる方法

副業でライターを始める人の中には、ライターを本業にしたい人や、フリーランスとして活躍したい人も多いです。 フリーランスのライターになるには、継続的にライターの仕事を受けることが重要! 1つの仕事だけではなく、複数の仕事を継続的に続けることでフリーランスとして独立できます。 また、自分のライターネームが記載される記事されると、実績として表示しやすいです。 SNSを使ったり、大手メディアでの記事ライティングに挑戦することも、フリーランスとして活躍するためにおすすめ!

副業でwebライターになる方法まとめ

今回は、副業でwebライターになるための方法をまとめました! 未経験でもwebライターとして仕事できるので、副業を始めたい人にぴったり◎ ライターとして長期的に副業をしたい方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。 default