副業プラザ

2021/01/16

Webライター

【初心者向け】副業Webライターの始め方!未経験→月収5万円稼ぐまで

「副業Webライターの始め方を知りたい」
「未経験でも副業Webライターで稼げるの?」

これから副業Webライターを始めようと考えている方の中には、このような悩みを持つ方もいるのではないでしょうか。

Webライターという職業に魅力を感じても、自分が未経験であれば「本当にうまくいくのか」と不安になりますよね。

数ある副業の中でも決してメジャーとはいえないWebライターですが、実はWebライターこそ、副業初心者におすすめの職業なんです。

このページでは、未経験の副業Webライターから専業のフリーWebライターとして活動できるようになった筆者が、副業Webライターの始め方や稼ぎ方などを紹介します。

[このページで分かること]
・副業Webライターの始め方
・副業Webライターで稼ぐ方法

このページを読めば、Webライター未経験のあなたも、Webライターとして稼ぐノウハウが身に付きます。このページを読んで、Webライターとしての第一歩を踏み出しましょう。

ライター紹介

  • 藤幹(ふじもと)

    藤幹(ふじもと)

    Web法人会社経営

    メディア運営の法人会社を経営。サラリーマンをしながら副業で独立→個人事業主を6年間。Youtubeやブログ運営を始めとしたWebマーケティングを専門とする。

    執筆した記事一覧

副業Webライターはどれくらい稼げる?

副業としてWebライターを始めるのであれば、最も気になるのが「どれくらい稼げるのか」という点ではないでしょうか。

結論からいうと、Webライターは数ある副業の中でも稼ぎやすい職業で、月5~10万円であれば半年以内に達成可能です。

一般的に多くのWebライターは文字単価で案件をもらいます。

初心者のうちは1文字0.8~1.5円が相場で、仮に1文字1円だとすれば、月に5万文字書いて5万円、10万文字書けば10万円の収入です。

始めたての頃は1,000文字の記事を書くのにも苦労しますが、慣れてくれば1,000文字や2,000文字の記事は1時間程度で書けるようになります。

そのため、1日1~3時間程度Webライターの仕事に充てれば、1ヵ月で5万円以上の副業収入が実現可能です。

また、実績を積んでいけば文字単価も上がっていくので、1文字2円や1文字5円の仕事など高単価の案件も受注できるようになります。

高単価の案件が受注できるようになれば、月10万円以上も難しくありません。

業界トップレベルになると月収100万円以上のWebライターも珍しくなく、副業だけで月50万円以上稼いでいるWebライターも多くいます。

このようにWebライターは比較的稼ぐハードルが低い副業です。少しでも興味があれば、ぜひ挑戦しておきたい仕事といえるでしょう。

副業初心者にwebライターがおすすめ理由3つ

副業にはプログラミングや動画編集などさまざまな選択肢がありますが、その中でも「Webライター」は、特に副業初心者におすすめできる仕事です。

では、なぜ副業初心者にはWebライターがおすすめなのでしょうか。

ここでは、副業初心者にWebライターをおすすめする3つの理由を紹介します。

1.初期投資がいらない

副業初心者にWebライターがおすすめの1つ目の理由は、初期投資がいらない点です

Webライターに必要なアイテムは下記の2点のみです。
・パソコン
・インターネット環境
この2つがあれば、すぐにでもWebライターを始められます。

また、Webライターは基本的にテキストを打ち込むのが仕事なので、動画編集のように多機能で高額なパソコンを買う必要もありません。

Wordソフトやウェブブラウザが動く程度のスペックであればライティングは可能なので、5万円程度の入門用のパソコンでも仕事を始められます。

2.在宅ワークでできる

在宅ワークできるのも、副業Webライターの大きなメリットです。

上述したように、Webライターに必要なアイテムは「パソコン」と「インターネット環境」のみです。

そのため、一般的なアルバイトのように仕事場へ出勤する必要がありません。

自宅で好きな時間に働くことができ、自宅に飽きたらカフェやホテルラウンジなど、自宅以外の場所でも作業できます。

働く場所を選ばないのは、Webライターの大きな魅力といえるでしょう。

在宅ワークができるという点から、子どもがいて自由な時間が取りにくい主婦の方や、住んでいる地域の求人が少ない方にも人気の副業です。

3.すぐに報酬が得られる

副業Webライターがおすすめの3つ目の理由は、すぐに報酬が得られる点です。

Webライターは基本的にインターネットを通してクライアントと取引を行うので、自分のライティングした記事を納品すれば、すぐに報酬が振り込まれます。

案件ごとに報酬が得られるので、自分のできる範囲で仕事量を決められるのも魅力です。

頑張った成果が報酬としてすぐに返ってくるので、モチベーション維持も簡単です。

また、初心者からでも仕事を獲得しやすいので、早ければライターを始めて1ヵ月でお金を稼げます。

「少しでも早く仕事をして報酬を得たい」という人にもおすすめです。

副業ライターで稼ぐために1番重要なこと

副業ライターは、他の副業に比べて比較的簡単に始められて報酬を得やすい仕事ですが、1つだけ重要視しておきたい要素があります。

それが「実績」です。

ライターとして仕事を得るためには、仕事を依頼してくれるクライアントに「この人に依頼したい」と思ってもらわなければなりません。クライアントからの信頼を勝ち取るためには、実績やポートフォリオの提示が必要不可欠です。

例えば、

・スキルをアピールできるようにブログを始める

・Wordで事前に専門性の高い記事を書いておく

などの工夫が必要です。

このようにクライアントに自分のライティングスキルを提示できるような実績やポートフォリオがあれば、初めての仕事や人気の案件も獲得しやすくなります。

初心者の方も、まずは自分でジャンルやテーマを選び、2,000文字程度の記事を書いてみましょう。

自分で書いたその記事が、仕事獲得のきっかけになるはずです。

ちなみに、初心者の頃は実績やポートフォリオの提示が高いハードルに感じますが、仕事をもらい続けると過去の仕事を実績として提示できるようになります。実績を積んでいけばいくほど、仕事の獲得は簡単になります。

WEBライターの始め方5ステップ

これから副業Webライターを始める方は、実際にWebライターを始めるときの5つの手順も確認しておきましょう。

この手順に沿っていけば、未経験でもWebライターとして稼げるようになります。

1.クラウドソーシングサイトに登録

Webライターで稼ぐ方法はいくつかありますが、未経験で稼ぐのであれば、まずはクラウドソーシングサイトへの登録がおすすめです。

クラウドソーシングサイトとは、簡単にいうと「サイトを通してクライアントから仕事をもらえるサービス」のことです。

Webライターに人気のクラウドソーシングサイトは、

・ランサーズ
・クラウドワークス
・サグーワークス
・Shinobiライティング

などが挙げられます。

どのサイトも無料かつ数分で登録可能です。

登録すればすぐに案件を探せるので、まずは積極的にクラウドソーシングサイトに登録しましょう。

2.案件を探す

クラウドソーシングサイトに登録したら、次は案件を探します。

一口に「案件」といっても、

・Webサイトコンテンツ
・ブログ記事
・体験談
・商品レビュー

など、ライティングの仕事はさまざまです。

初めての場合は、深く考えずに、自分の興味のある案件から始めましょう。

ちなみに、まだ実績が少ないころは、高単価の人気案件はなかなか獲得できません。

まずは経験を積むことを前提に、少しだけ単価が低くても、競争の少なそうな案件から応募するのがおすすめです。

3.提案する

自分の興味のある案件があれば、積極的に提案(応募)しましょう。

会社の面接と同じで、自分がどのようなスキルを持っていて、どのように役立つのかを提案文に書いていきます。

初心者の頃は提示できる実績が少ないので、

・とにかく早く記事を書く
・単価が低めでも受注できる
・何回でも修正対応可能
・すぐに返信する

など、技術が不要で自分が頑張れる部分をアピールすると良いでしょう。

あなたの書いた提案文がクライアントに刺されば、クライアントから直接メッセージが届き、記事の執筆を依頼されます。

ちなみに、初心者の頃は提案が通りづらいことがありますが、諦めてはいけません。

採用されなくても、積極的に興味ある案件に提案していきましょう。

10~20件ほど提案すれば、徐々に書き方のコツも分かり、採用される可能性は上がります。

4.記事の執筆

提案文が採用され記事の執筆依頼がきたら、仕事開始です。

記事の構成やレギュレーション、締切日などを伝えられるので、クライアントの指示通りに記事を書いていきます。

記事を書くツールには、

・Word
・Googleドキュメント
・Wordpress

などがあり、これらもクライアントが指定してくれます。

記事を書いている途中で疑問点があれば積極的にクライアントとコミュニケーションを取り、納品日に間に合うように記事執筆を終わらせましょう。

余裕を持った納品を心掛けることで、クライアントからの信頼度が増し、修正があった場合も焦ることなく対応できます。

5.納品→報酬の受け取り

記事執筆が終われば、クライアントに納品します。

納品する前は、もう一度レギュレーションや構成などを確かめて、ミスがないか確認することが重要です。

納品が終わり修正もなければ、クライアントから報酬が支払われます。

クラウドソーシングサイトで銀行口座を登録しておけば、月末や翌月末などに入金される仕組みです。

記事の質が高ければ、クライアントから継続依頼がくることもあり、実績を積んでいけば新しい案件にも挑戦しやすくなります。

これらの手順を繰り返せば、未経験でも月5~10万円の副業収入が実現可能です。

Webライターでさらに稼ぐポイント

ここまでWebライターの始め方を解説してきましたが、副業でWebライターを始めても、ずっと低収入のままだとモチベーションは維持できません。

今のうちに、Webライターでさらに稼ぐためのポイントも確認しておきましょう。

稼ぐポイントを理解することで、アルバイトのような稼ぎ方ではなく自分の能力に応じて報酬が上がるフリーランスのような稼ぎ方が実現できます。

単価を上げる交渉術

Webライターでさらに稼ぎたいのであれば、案件の単価を上げる交渉術を覚えておきましょう。

交渉をすることで、1文字1.0円のライティング案件が、1文字1.2円や1文字1.5円に引き上げられる可能性があります。

単価が上がれば、同じ作業量でより多くの報酬が得られます。

では、どのように交渉すれば、本来の報酬よりも高い単価でクライアントに仕事を依頼してもらえるのでしょうか。

そのコツは、クライアントに「単価を上げてでもこのライターにお願いしたい」と思わせることです。

例えば、

・他のライターより記事の質が高い
・クライアントと良好な関係を築けている
・レスポンスが早く納品にも余裕がある

など、クライアントから「この人は貴重なライターだ」と思ってもらえるような行動や工夫が重要です。

「この人には辞めてもらいたくない」と思ってもらえれば、「単価を上げてほしい」といった交渉が可能になり、より高い報酬で案件をもらえるようになります。

おすすめの勉強法

Webライターとして稼ぎたいのであれば、交渉術だけではなく、より質の高い記事を書くための勉強が欠かせません。

Webライターとしてのレベルを上げる勉強法はいくつかありますが、はじめのうちは知識やスキルが身に着けられる「実用書」を読むのが最もおすすめです。

Webライター初心者におすすめの本には、

・『沈黙のWebライティング』
・『入門SEOに効くWebライティング』
・『10倍売れるWebコピーライティング』
・『世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生』
・『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング』

などが挙げられます。

これらの本を読むことで、Webライターとしての稼ぎ方や基本的なライティングスキルが学べます。

本であれば自宅で勉強でき、セミナーを受けたり教材を買ったりするほどのコストもかかりません。

初心者のうちは本で学んだ知識を活かしながらWebライターとしての経験をためていきましょう。

副業でWebライターになる方法まとめ

Webライターは数ある副業の中でも始めやすく、稼ぐハードルが低い職業です。

初心者でも月5~10万円であれば、実現可能な目標として目指せます。

まずはクラウドソーシングサイトに登録して、案件を探して提案を続けましょう。

上手く自分をアピールできれば、自宅にいながら高単価の案件がもらえます。

パソコンとインターネット環境があれば誰でも始められる副業なので、深く考えすぎず、気軽に始めてみてはいかがでしょうか。