Webライターの文字単価相場はいくら?初心者が高単価案件を獲得するコツも解説

タイトル:Webライターの文字単価相場はいくら?

クラウドソーシングサイトでWebライティングの案件を探すとき、最も気になるのが「文字単価」です。

案件によって単価は大きく異なるので、初心者の方の中には「Webライターの単価相場ってどのくらい?」と悩む方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、文字単価1円未満から文字単価4円までフリーランスWebライターとして経験してきた筆者が、Webライターの文字単価相場や、単価ごとに必要なスキルなどを紹介していきます。

[このページで分かること] ・Webライターの文字単価を決める要素
・各文字単価で求められるスキルや仕事内容

Webライターで稼ぐための平均的な単価相場や、これから稼ぐために目指すべき文字単価をチェックしておきましょう。

Webライターの文字単価は何で決まる?

はじめに知っておきたいのが、Webライターの文字単価を決める要素です。

Webライターの文字単価が決まる要因はさまざまですが、特に重要とされるのが「ライターの専門性」です。

Webライティングには文章力やSEO知識なども必要とされますが、やはり最も重要なのは「記事をどれだけ詳しく具体的に書けるか」です。

詳しく具体的に書かれた記事は読者に行動を起こさせたり、中身の濃い記事は拡散されたりします。結果的に、その記事を投稿しているメディアの収益や信頼性に繋がります。

記事を詳しく具体的に書くには、その分野の専門性が欠かせません。

もしあなたが文字単価を上げたいのであれば、得意な分野を1つ決め、その分野の専門性を高める努力をしましょう。

保険の記事が書きたいのであればファイナンシャルプランナーの資格を狙ったり、株式投資の記事が書きたいのであれば実際に株式投資を始めてみたりといった具合です。

また、最初は単価が低くてもいいので、狙っている分野の記事をとにかく受注していくのもおすすめです。

特定の分野の記事を書き続けることで、ポートフォリオとしてクライアントにアピールできる実績が増えていきます。

Webライターの単価の相場

Webライターの単価相場は、大きく3つに分けられます。

・文字単価1円未満
・文字単価1円~2円
・文字単価2円以上

各文字単価で求められるスキルや仕事内容は変わるので、自分のレベルに合わせて、狙うべき案件を決めなければなりません。

Webライターの単価相場と、単価による仕事内容の違いや求められるスキルをチェックしておきましょう。

文字単価【1円未満】

まず紹介するのは、文字単価1円未満の案件の仕事内容や、求められるスキルです。

文字単価1円未満の案件は平均よりも低い単価相場といわれていますが、初心者のころであれば狙い目の価格帯でもあります。

仕事の内容・クライアイントの印象

文字単価1円未満の案件に多くある仕事内容は、

・初心者でも書けるジャンル
・簡単なアンケートや体験談

などです。

具体的には、

・好きな映画について
・使ったことのあるコスメについて
・家電やガジェットのスペック紹介

などの例が挙げられます。

Webライターとして稼ぐためには文字単価1円以上は目指しておきたいところですが、文字単価1円以上は競争率も高いので初心者の方であればどれだけ応募しても採用されないことがあります。

そこで、まずは文字単価1円未満の案件で経験や実績を貯めるケースも少なくありません。

文字単価1円未満のクライアントの印象ですが、細かいフィードバックをくれるクライアントもいれば、最低限のコミュニケーションで記事の納品だけを求めてくるクライアントまでさまざまです。

そういった意味では「Webライターがどのような仕事か」、「どのようなクライアントがいるのか」、といったことを知るために、文字単価1円未満の案件を受注するのは良い経験になるかもしれません。

求められるスキル

1円未満の仕事で求められるスキルは高くなく、まったくの初心者でも高い確率で仕事をもらえます。

その理由は、専門性とライティングスキルの2つが求められないからです。

先述したように、1円未満の文字単価の仕事は体験談や商品紹介などが多く、これらの案件はインターネットで調べる必要がなかったり、リサーチが楽であったりします。

そのため、専門性がなくても書ける記事ばかりです。

また、1円未満の案件はWebライティングでは一般的な相場よりも低い文字単価になるので、必然的に初心者からしか応募がきません。

そのため、クライアントも初心者であることは承知の上なので、ライティングスキルの高さはそれほど求めていないことが多いのです。

自分の中で得意ジャンルが決まっておらず、ライティングスキルにも自信がない方は、1円未満の案件から始めてみてもよいでしょう。

文字単価【1円~2円】

次は、文字単価1円~2円の案件について、仕事内容や求められるスキルなどを紹介していきます。

文字単価1円~2円は、Webライターの案件の中で最も応募が多い価格帯です。

初心者を脱して副業としてしっかり稼ぎたいのであれば、1円~2円の案件は必ず取れるようにしましょう。

仕事の内容・クライアントの印象

文字単価1円~2円はクラウドソーシングサイトの中で募集が多く、ジャンルは幅広いのが特徴です。

体験談や商品紹介もあれば、金融や保険など専門知識が必要なジャンルまで、そのテーマはさまざまです。

仕事内容はブログやアフィリエイトサイト、企業のオウンドメディアなどのコンテンツ作成が多く、読者の悩みを解決するための記事作成が求められます。

文字単価1円以上になると対応が丁寧なクライアントが増えるので、採用されれば、スムーズに仕事を進められるでしょう。

ある程度のライティングスキルと得意な分野があれば、初心者ライターでも狙える単価なので、積極的に応募してみるのがおすすめです。

求められるスキル

1円~2円の案件が、1円未満の案件と違うのは、

・SEOの基本的な知識
・修正がほとんど不要な文章力

の2つのスキルが必ず求められることです。

レアな資格や経験がない限り、上記の2つのスキルは必須で、応募のときもSEOやライティングスキルの証明をしなければなりません。

Webライター初心者の方は、

・専門書を読む
・低単価でもとにかく仕事を受ける
・セミナーを受ける

などして、SEOの知識とライティングのスキルを身に着けておきましょう。

また、案件によっては専門性の高さも必要となってきます。

プログラミングの記事であればエンジニア経験者、保険の記事であればファイナンシャルプランナーの資格など、自分の知識を証明する実績を持っておかなければなりません。

そのため、これまでの人生経験や仕事経験から「他のWebライターに比べて詳しいジャンル」を自分で客観視して分析することも求められます。

さらに、1円~2円の案件は応募者も多いので、複数人の応募から受注を勝ち取る「提案力」も必要不可欠です。

クライアントに対して「自分の実力がどれほどあるのか」、「どのくらい貢献できるのか」をアピールする方法も学んでおく必要があります。

文字単価【2円】~

最後に、文字単価2円~の仕事について仕事の内容や求められるスキルなどを紹介していきます。

文字単価2円以上を安定して受注できるようになれば、Webライターとして独立することも夢ではありません。

Webライターとして大きく稼ぐためのポイントを把握しておきましょう。

仕事の内容・クライアントの印象

文字単価2円以上の案件はいわゆる「高単価案件」といわれており、受注できれば収入が大きく伸びる価格帯です。

仕事の内容ですが、単価が高い分、上級者向けの案件が多くなります。

例えば、

・ファイナンス
・医療
・不動産売却

など、リサーチが難しいうえに、誤った情報を書くことが許されない責任の大きいテーマがほとんどです。

そのため、質の低い記事や根拠が不十分な記事は、容赦なく修正の対象になります。

クライアントはレベルの高いライターを求めているので、記事の質だけではなく、すぐに返信したり相手の意図を汲み取ったりするコミュニケーション能力も必要です。

求められるスキル

文字単価2円以上の案件では、リサーチが難しく、責任の大きいテーマが多くあります。

そのため、基本的なSEO知識やライティングスキルに加えて、その分野の高い専門性を磨かなければなりません。

実際にその業界で数年働いていた経験や、難関資格の保有などが求められる傾向にあり、SEO知識がありライティングスキルが高くても応募条件に満たないケースは多くあります。

クライアントも高い報酬を支払うので、ライター選びは慎重で、ポートフォリオや提案文はしっかりとチェックされます。

Webライターとして2円以上の単価を狙いたい方は、自分の得意分野を見つけ、その分野に特化した知識や実績を身に着ける努力をしましょう。

ただし、Webライターの中には、文字単価2円未満の案件から単価交渉をすることで、文字単価2円以上の報酬を実現する人もいます。

もともとは1.0円や1.5円でも、長期的に付き合うことでクライアントからの信頼を勝ち取って、2円以上の単価交渉を成功させるのです。

「最初から2円以上の案件は狙いづらい」と考えている方は、単価交渉を前提に2円未満の案件からスタートしても良いでしょう。

稼げるWebライター単価相場まとめ

Webライターの案件の単価相場は、文字単価1円未満から2円以上まで幅広くあります。

もし単価を上げていきたいのであれば、

・SEO知識
・ライティングスキル
・自分の得意分野

の3つを意識して、知識や経験を身に着けていくようにしましょう。

初心者のうちは単価の低い案件で大変な思いをするかもしれませんが、1つ1つの案件を着実にこなしながら積極的に勉強することで、文字単価2円以上の案件も獲得できるようになります。

自分の目的と目標を明確にし、稼げるWebライターを目指しましょう。