【専門家が語る】SEOライターはどれくらい稼げる?需要や将来性について

「SEOライターって稼げるの?」

「SEOライティングの知識を身に着けるには?」

Webライター初心者の方や、これからWebライターを始めようとしている方の中には、このような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

「SEOライター」とは、Web記事作成で重要なスキルとされる「SEOライティング」を専門にしたライターのことです。

結果が残せるSEOライターは、高単価でも多くのクライアントから求められます。

とはいえ、初心者ライターからすると「SEOライターってそんなに求められる仕事なの?」と疑問に思いますよね。

そこで本記事では、フリーのSEOライターとしても稼いでいる筆者が、SEOライターの需要や将来性などを紹介していきます。

[このページで分かること] ・SEOライターの需要や将来性
・SEO対策やSEOライティングの学び方

Webメディア運営には必要不可欠といっても過言ではないSEOライターの実情をチェックしていきましょう。

SEOライターは稼げる?需要と将来性について

クラウドソーシングサイトを見れば分かりますが、Webライターの仕事には、「セールスライター」や「取材ライター」など、さまざまな種類のライターが募集されています。

その中でも、特に多く募集されているのが「SEOライター」です。

SEOライターとは、SEO対策やSEOライティングを意識して記事を書くライターのことです。

この「SEOライター」という職業ですが、他の種類のライターと比べて、需要や将来性はあるのでしょうか。

結論からいうと、結果が出せるSEOライターは、常に高い需要と将来性があります。スキルが高ければ、大きく稼ぐことも可能です。

そもそもWebライティングには、SEO対策の知識やスキルが必要不可欠といっても過言ではありません。

SEO対策とは、簡単にいうと「GoogleやYahoo!で上位表示させるための施策」のことです。

どれだけ興味深い記事を書いても、SEO対策を怠ってしまうと、Googleの検索結果で上位表示されなくなり、人に読んでもらう可能性は低くなってしまいます。

逆にいえば、SEOを意識した記事は検索結果で上位表示される可能性が高まり、多くの人に読んでもらうチャンスが増えるのです。

Web記事の目的の1つは、多くの人に読まれることなので、SEOライティングができて上位表示が可能なSEOライターは、必然的に重宝されます。

SEOを使ったコンテンツマーケティングの重要性は年々高まってきているので、将来性もあるといえるでしょう。

では、SEOライターに求められる「SEO対策」とは具体的にどういった施策なのでしょうか。次項で詳しく解説します。

SEO対策とは?

そもそもSEO対策とは一体なんなのでしょうか。

SEO対策を簡単に説明すると、「GoogleやYahoo!の検索エンジンで上位表示させるための最適化手段」のことです。

知っておきたい前提として、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでは、クローラーと呼ばれるロボットがインターネット上に投稿されている1つずつの記事をチェックして、検索順位を決めています。

例えば、記事の中に「SEOライター」という単語がいくつか入っていれば、ロボットは「この記事はSEOライターについての記事だ」と判断し、「SEOライター」というキーワードの検索結果に、その記事を入れてくれるようになるのです。

しかし、検索結果には入れてくれても、検索結果で上位表示されるのは簡単ではありません。

なぜなら、あなたと同じキーワードで上位表示を狙っている記事は、インターネット上に数え切れないほどあるからです。

GoogleやYahoo!は、キーワードを含めるだけではなく、さまざまな要素を考慮して「より質の高い記事」を判断し、大量にある記事の中から上位表示させる記事を決めています。

例えば、

・見出しタグを正しい構造で使っているか
・画像を使って見やすくしているか
・冗長な表現になっていないか

などの細かな点も、検索順位を決める重要な要素です。

特定のキーワードで上位表示をしたいのであれば、上記のように、クローラーがチェックしているさまざまな要素を意識してライティングをしなければなりません。

一見簡単そうに見えるSEO対策ですが、常に勉強と検証が必要な、難しい分野なのです。

しかし、SEOライティングを駆使して上位表示ができるようになれば、キーワードによっては莫大なPVが見込めます。

キーワード次第では、1ヵ月で何十万~何百万のアクセス獲得も可能です。

そのような記事を書けるライターは、結果的にメディアの認知度や収益向上に大きく寄与し、高い報酬を得られるようになります。

SEOライティングを身に着ける方法3つ

SEOを意識して記事が書けるライターは、多くのクライアントから重宝されますが、どのようにすればSEOライティングの知識やスキルは身につくのでしょうか。

ここでは、SEOライティングを身に着ける3つの方法を紹介します。

1.SEO対策に関する書籍を読む

SEOライティングを身に着ける最も簡単な方法は、SEO対策に関する書籍を読むことです。

初心者向けのSEO本は多く出ているので、基本を学ぶにはうってつけの方法といえるでしょう。

初心者におすすめのSEO本は下記のとおりです。

・『10年つかえるSEOの基本』
・『いちばんやさしい新しいSEOの教本』
・『10倍売れるWebコピーライティング』
・『沈黙のWebライティング』
・『SEOに強いWebライティング 売れる書き方の成功法則64』

書籍は価格も高くなく自分のペースで学べるので、初心者ライターは気軽にSEO本を購入してみてはいかがでしょうか。

まずは自分が読みやすそうと思った本を2~3冊ピックアップしてサッと読むのがおすすめです。

ライティングをしながら気になることがあれば、改めて本を読みなおすと知識が定着しやすくなります。

2.クライアントに教わる

すでに仕事を取れているWebライターであれば、クライアントにSEOを教わるのも1つの手段です。

メディアの運営者やマネージャーである多くのクライアントは、SEOに精通しています。

そのため、記事作成のレギュレーションやマニュアルも、SEOライティングを意識して決められていることがほとんどです。

例えば、
・共起語を入れる
・代名詞を極力使わない
・箇条書きを積極的に使う

などのレギュレーションを見たことはないでしょうか。

これらのルールで作られる記事は、読者が読みやすいだけではなく、ロボット視点でも「質の高い記事だ」と判断できるSEO対策が含まれています。

クライアントによっては単価が低いのに、細かく厳しいレギュレーションを提示してくるところもありますが、見方によってはSEOライティングを学ぶ絶好の機会です。

細かなレギュレーションの案件をこなしていくと、自然とSEOライティングが身に着くようになります。

レギュレーションのルールが少ない場合は、クライアントから直接SEOライティングを学ぶのもおすすめです。

例えば、クライアントに「SEO対策のために守るべきルールはありますか?」のように聞けば、SEOライティングを意識した記事構成や本文執筆方法を教えてくれるでしょう。

さらに、「次回から修正を少なくするためにフィードバックをください」とお願いすれば、SEOライティングまで意識したフィードバックをくれるかもしれません。

クライアントがWebライターに求めているのは「質の高い記事」です。

あなたに「少しでも質の高い記事を書いてメディアに貢献したい」という意思があれば、クライアントは喜んでSEOライティングについて教えてくれるでしょう。

3.自分のブログを運営してみる

「習うより慣れよ」、「百聞は一見に如かず」と言われるように、最もSEOのスキルが身に着きやすいのが、自分でブログを運営してみることです。

自分のメディアに自分で書いた記事を投稿し、狙っているキーワードで上位表示が取れるかを検証していく体験は、SEOライティングの知識やスキルを皮膚感覚で理解できるようになります。

自分のブログを運営してみることで、

・上位表示の難しさ
・キーワードの選定方法
・SEOライティングの正しい書き方
など、さまざまなことを効率的に学べます。

SEOの表面的な知識だけが備わっているWebライターよりも、実際にブログを運営してSEOの難しさや奥深さを理解しているWebライターのほうが質の高い記事を書けるのは、言うまでもありません。

また、競合が少ない小さなキーワードでも、上位表示した経験があれば自分の実績として活用可能です。

上位表示の実績は、基本的なSEO知識を持っていることの証明になるので、SEOライターとしては大きな武器になります。

ブログ運営は数千円から可能なので、SEOライティングを効率的に学びたい方は始めてみてはいかがでしょうか。

SEOライターまとめ

誰もが検索エンジンを利用して調べものをしている現代、SEOライターは、多くのメディアから必要とされる存在です。

結果を残せるSEOライターであれば、高い報酬を得ることもでき、他のライターよりも稼げるチャンスは多くなります。

SEOの知識は、書籍を読んだりブログを運営したりすることで、着実に学んでいくことが可能です。

SEOの知識はWebメディア運営に必要不可欠といっても過言ではないので、Webライターで稼ぎたい方は、できるだけ早くSEOライティングの知識やスキルを身に着けておきましょう。