Webライター体験談

Webライターを始める前に誰もが思うこと。

それは、「Webライターで上手くいっている人の体験談が聞きたい!」ではないでしょうか。

近年、副業ブームの影響もあり、Webライターを始めたい人が増えてきています。

しかし、一般的な仕事とは違って世間にはWebライターが多くないので「Webライターって本当におすすめの仕事なの?」と疑問に思う人もいるはずです。

これからWebライターを始めるのであれば、漠然とした不安を取り除くためにも、実際にWebライターで上手くいっている人の体験談を聞いておきたいですよね。

そこで本記事では、フリーWebライターとして生活している筆者が、Webライターを始めてWebライティング1本で稼げるようになるまでの体験談を紹介します。

[このページで分かること] ・筆者がWebライターで稼ぐまでの苦悩や学び
・Webライターに向いている人・向かない人

これから「Webライターで稼ぎたい」と考えている方は、ぼくの体験談をぜひ参考にしてみてください。

Webライターを始めたきっかけ

ぼくがWebライターを始めたタイミングは、副業ブームが始まったころです。

その当時、いわゆるビジネスYouTuberが出始めていたころで、ビジネスYouTuberの方々は、「プログラミングやWebライティングで副業を始めよう」という動画を出していました。

ぼくは、それらの動画に感化されて、「自分もパソコン1台で稼げるようになりたい!」と思い立ったのが始まりです。

今思えば、本当に些細なきっかけでWebライターを始めることになりました。

Webライターになるまで

次に、ぼくがWebライターを始め、稼げるようになるまでの経緯を説明します。

ぼくはWebライターを始めた当初、まずは「月5万円稼ぐ」のを目標に、インターネットでWebライターの稼ぎ方を調べました。

そのときにクラウドソーシングの存在を知り、はじめに登録したのが「ランサーズ」です。

ぼくはパソコンのタイピングが得意で、さらに昔から文章の読み書きが好きだったので、ランサーズに登録したときは「すぐに稼げるだろう」と油断していたのを覚えています。

しかし、いざ挑戦してみると、現実は厳しいものでした。

案件を獲得するのは予想以上に難しく、提案しても採用されない日々が続きました。

ここで「やっぱり稼げないじゃん」と諦めていれば、ぼくはいまだに当時の会社で働いていたと思います。

しかしぼくは、「せめて月5万円の目標は達成したい」と思い、「どうしたら稼げるようになるんだろう」とインターネットでWebライターの稼ぎ方を研究し始めました。

サイトやYouTubeで紹介されているおすすめの本を読んだり、有名Webライター主催のセミナーに参加したりと、積極的に勉強をして、知識とスキルを身に着けていったのを覚えています。

やはり勉強をすると、今まで知らなかった多くのことを学べます。

特に、言われると当たり前でも言われるまでは気づかない「初心者あるある」を、勉強することでたくさん学びました。

例えば、
・プロフィールにネガティブなことは書かない
・提案するときは相手にとってのメリットを書く
・できるだけ早い返信を心掛ける
などです。

これらの注意事項は、考えれば誰でも分かる当たり前のことです。

しかし、初心者のころは、このような基本的な対策もできていないことがよくあります。

このように「初心者ライターを脱したい!」という一心で、積極的に本やブログを読み、機会があれば経験者から直接話を聞くことで、Webライターとして稼ぐためのポイントを1つずつ攻略していきました。

すると、徐々に応募した案件も採用されるようになり、目標である月5万円を、半年以内に達成できたのです。

1度コツを掴めば、あとは実績と経験を積んでいくだけでした。

月5万円を稼いだあとは、順調に10万円、20万円と稼げる額が大きくなり、Webライターを副業で始めて1年目で、フリーWebライターとしての独立が可能になりました。

今ではフリーWebライターとして生活費を稼げるまでになっています。

この体験談で初心者ライターの方に伝えたいのは、「最初の壁が最も高い」ということです。

コツを掴むまでは案件も取れず、勉強することが多いので、アルバイト以下の時給で働くこともあるかもしれません。

しかし1度コツを掴んでいけば、案件を楽々と取れるようになり、記事もサクサクと書けるようになります。

そうすれば、月10万円や20万円も高すぎる壁ではありません。

すぐに諦めずに、ゆっくりでもコツコツと続けていくことが大切です。

Webライターの魅力について

Webライターにはさまざまな魅力がありますが、ぼくが特に伝えたい魅力は3つです。

・パソコン1台で稼げる
・自分の記事が人の役に立つ
・幅広い分野の知識が身に着く

それぞれの魅力について詳しく解説していきます。

パソコン1台で稼げる

ぼくが思うWebライター最大のメリットは、パソコン1台で稼げることです。

提案から受注、執筆から納品まで、すべてがパソコン1台で完了します。

そのため、好きなときに好きな場所で、好きなだけ働けるのが特徴です。

自分のペースで自宅やカフェなどで働けるのは、人間関係のストレスがたまりやすいぼくにとって最高のメリットといえます。

自分の記事が人の役に立つ

Webライターの2つ目の魅力は、自分の記事が人の役に立つ点です。

Webライターは、基本的に「誰かの疑問や不安を解決する記事を書く」のが仕事です。

1度書いた記事はネット上に公開され、日本中の人が読めるようになります。

あなたも、ネット上にある記事を読んで、気持ちが軽くなったり、問題が解決したりした経験があるのではないでしょうか。

ぼくたちWebライターは、そのような人の役に立つ記事を書くことで、お金をもらっています。

しかも、ネット上の記事は日本中の人がアクセスできるので、1ヵ月で数百~数千人の人に読んでもらえることも珍しくありません。

ぼくはこれまでに1,000本近い記事を執筆してきましたが、「今この瞬間も自分の書いた記事が誰かの役に立っているのでは?」と思うと、ワクワクが止まりません。

このように、仕事へのやりがいも感じられるのが、Webライターという仕事です。

幅広い分野の知識が身に着く

3つ目のメリットは、幅広い分野の知識が身に着くことです。

Webライターは、節約やマーケティング、金融や不動産など、さまざまなジャンルについての記事を書けます。

そのため、記事を書けば書くほどその分野の知識が身に着きます。お金をもらいながら物知りになれる一石二鳥な仕事です。

ぼくもこれまでに1,000本近い記事を書いてきましたが、日常生活で役立つ知識がたくさん身に着きました。

このように、Webライターはただ稼げる仕事ではなく、他の仕事にはない魅力も多くあります。

Webライターが向いている人

比較的誰でも始めやすいWebライターですが、誰にでもおすすめできるわけではなく、Webライターが向いている人もいれば、向いてない人も存在します。

Webライターを始める前に、この仕事が自分に向いているか確認しておきましょう。

ぼくが思うWebライターが向いている人の特徴は下記の2つです。

・文章を書くのが好きな人
・1人で黙々と作業できる人
それぞれ詳しく解説していきます。

文章を書くのが好きな人

Webライターになりたいのであれば、大前提として、文章を書くのが好きでないといけません。

Webライターを仕事にすると、副業でも1日に1,000~5,000文字の記事をコンスタントに書き続ける必要があります。

ぼくのように専業であれば、1日に5,000~10,000文字の記事を書くことも珍しくありません。

毎日のように文章を書けるかどうかは、Webライターを始めるかどうかの重要な基準です。

1人で黙々と作業できる人

Webライターが向いている人の2つ目の特徴は、1人で黙々と作業できる人です。

Webライターは基本的に1人でリサーチし、1人で文章を考えます。提案から納品まで、すべて1人で完結する仕事です。

仕事場に行くようなこともなく、クライアントのミーティング以外では、誰かと話す機会はありません。

ぼくのように専業であれば、1日中誰とも話さない日もあります。そのため、誰かと常にコミュニケーションを取りたい人にWebライターは向いていないといえるでしょう。

反対に、1人で黙々と作業できる人や、むしろ人とコミュニケーションを取るのが苦手な人には、Webライターは向いているといえます。

これからWebライターをはじめる方へ

最後に、これからWebライターをはじめる方へ、ぼくからのアドバイスをおくります。

Webライターは、比較的簡単に始められる仕事ではありますが、だからといって楽に短時間で稼げるわけではありません。

特に初心者のころは右も左も分からないので、1,000円を稼ぐだけでも苦労する可能性があります。最初のころは「バイトしたほうがマシだ」と思うこともあるかもしれません。

しかし、1度コツを覚えれば、こんなに自由度が高く稼ぎやすい仕事はなかなかないと気づきます。

ぼくも、最初のころは苦労しましたが、慣れていけばどんどん仕事を取れるようになり、今では会社を辞めてパソコン1台で稼げるようになりました。

好きな時間に好きな場所で働けるWebライターは、これまで経験した中でも抜群におすすめの仕事です。

また、副業Webライターでも、中には月に50万円以上稼ぐ人もいます。「お金を稼ぐ」という面においても夢がある職業ではないでしょうか。

これからWebライターを始める方は、まずは月5万円を目指して頑張ってみましょう。

その努力は必ず実を結び「Webライターを選んでよかった」と思える日が必ず訪れるはずです。